【青山】伊藤雅之「ヨーガ・スートラ入門」(全2日間・計10時間)

  • TOKYOYOGA青山
  • カルチャー

2009年10月11日(日)・25日(日) 14:30〜19:30


アシュタンガヨガのポーズに関しての解説とヨーガの哲学に関しての詳細な内容に定評のあるグレゴール・メーレーの「Ashtanga Yoga Practice and Philosohy」のPhilosohy(哲学)パートを監訳した「現代人のためのヨーガ・スートラ」でもおなじみの、社会学博士伊藤雅之先生の「ヨーガ・スートラ」講座です。今まで「ヨーガ・スートラ」に触れたことのない方も大歓迎です。

アシュタンガ・ヨーガの創始者パタビ・ジョイス師をはじめ、多くのハタ・ヨーガの指導者は、日々のアーサナの実践とともに、『ヨーガ・スートラ』を丹念に学ぶことを薦めています。この『ヨーガ・スートラ』の理解がなければ、アーサナは単なる体操となってしまうかもしれません。今回の集中講座は、難解な箇所の多い『ヨーガ・スートラ』の全体像(とくに1章、 2章)をおおまかに理解することを目的としておこなう全2回のシリーズです。

インストラクター紹介

講座内容

・インド思想のなかでのヨーガの位置づけ
・サンキャ哲学の骨子(プルシャとプラクリティ)
・ヨーガ・スートラの具体的内容(心の構造、心を鎮める方法、八支則など)
・ハタ・ヨーガとの関連
・経典に基づく若干のエクササイズ

【重要参考文献】
・グレゴール・メーレ著、伊藤雅之監訳『現代人のためのヨーガ・スートラ』(産調出版)
講座には必要となりますので事前にご用意ください。

講師プロフィール

伊藤雅之

1964年名古屋市生まれ。1998年、米国ペンシルヴァニア大学大学院社会学博士課程修了。社会学博士(Ph.D.)。日本学術振興会特別研究員(所属研究機関:東京大学大学院人文社会系研究科宗教学研究室)を経て、2001年より現職。日本トランスパーソナル心理学/精神医学会理事。国際宗教社会学会、日本宗教学会、日本社会学会ほか会員。

専門は宗教社会学。とくに現代世界に広がるスピリチュアリティ文化(ニューエイジ、ホリスティック心理学など)に関する研究をおこなう。個人的にも10代半ばより「精神世界」(人間性心理学、中国の老荘思想、インドのウパニシャッド哲学など)に関心をもち、瞑想や気づきのワークショップ、リトリートに多数参加。
2004年以降はアシュタンガ・ヨーガを実践する。IYC短期集中講座、ヨーガ禅道友会集中講座修了。

おもな著書に『現代社会とスピリチュアリティ』(単著、渓水社、2003年)、『スピリチュアリティの社会学』(共編著、世界思想社、2004年)、『アジアのスピリチュアリティ』(共著、勉誠出版、2006年)などがある。また、『現代倫理学事典』(弘文堂、2006年)に「ヨーガ」「瞑想」「修行」の項目を執筆。ヨガフェスタ2009にてヨーガの哲学に関する講座を担当する(ヨガフェスタ2007,2008でも担当)

スケジュール / 費用・定員

定員:※最少催行人数5名

スケジュール 振込カード

ヨーガ・スートラ入門

10月11日・25日 14:30〜19:30(全2日・10時間)

20,000円
(20,000円)
21,000円
(21,000円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

TOKYOYOGA青山

費用について

20,000円  *資料代1,000円(資料代は初日に直接店頭にてお支払い下さい)
※クレジットカードでの決済の場合は5%のお手数料がかかります。
※前回参加者または過去に他の場所などで同様の講座を受講された方は、一日2,000円で再受講可能です。
その際はお手数ですが、備考欄に受講希望日・過去の受講時期と場所をお書き下さい。