【渋谷】TYG指導のためのヨガ解剖学 基礎コース(火曜コース)

  • Practice渋谷
  • ヨガ

2010.07.06-(レベル1, 毎週火曜日) / 2010.06.08-(レベル0, 毎週火曜日)


【レベル0(8時間30分)レベル1(10時間30分)】
ヨガ指導に携わる方、目指す方がヨガに必要な最低限の解剖学の知識を身につけるための実践的なヨガ解剖学講座です。
この基礎コースでは、解剖学をこれから勉強したい方やトレーニングで学んだけど自信がない方が、0からはじめられる「レベル0」コースと土台を固める「レベル1」によって、解剖学、機能解剖学をヨガクラスで活かしていく方法を学びます。
話を聞くだけの講座とはちがい、宿題や項目ごとの確認ワークなど通して理解度を深めるプログラムとなっていますので具体的でより実践的に使える実力が備わります。

カラダへの知識を深めつつ、実際に自分自身のカラダで体感することで認識を高めていきます。また「観る」ポイントを学んでいくことで、得た知識を実践、クラスでそのように応用、活かしていくかを学んでいきます。

前提としての”安全”


ヨガになぜ解剖学が必要なのでしょう?
ヨガクラスにおいて最も重要なことそれは「安全」です。

決められた時間の中で、多数の生徒の指導をするクラスの進行中においてはすべての人のカラダに触れたり、個別に時間をかけるような直接指導ができない状況がほとんどです。そのなかで、まず口頭でどこまでわかりやすく説明できるか、ということはとても重要になります。

そのためには、指導者の「解剖学の知識」を通して生徒の動きとそのカラダを観察し、的確なアドバイスをする能力求められます。

それが、生徒自身のカラダを守り安全なクラスに繋がっていくのです。

個々のカラダと個々のポーズの”アプローチ”


怪我やカラダに何かトラブルを抱えている人にはどのように指導していけばいいのでしょう?
相談を受けたとき、どんなアドバイスや提案ができるでしょうか。
クラスの中で感じる「カラダ」に関わる疑問は人のカラダによってさまざまです。

また、ヨガの種類によってひとつのポーズでも様々なアプローチがあります。
アプローチの違いによってカラダの動きや反応も変化していきます。
その形(ポーズ)に近付いていくためのプロセスも一つではありません。

それぞれの疑問を解決、対応していくために機能解剖学的な知識、経験をもつことで「観る」「観察」する力を養い、個々に合わせたアプローチを見いだします。

機能解剖という知識が、生徒1人1人、ポーズ1つ1つにおいてカラダのどこが動いてどこが動いていないのか、状況を改善するために、ポーズをより良く取るためにどこの動きが必要なのか、ケガに対応するためにどの動きが効果的なのかなどを知るために役立つことが多くあるのです。

インストラクター紹介

レベル0とレベル1の2段階によって学びます

レベル0(8時間30分)
きちんと学びたい方はレベル0からご受講ください。
インストラクター、またはインストラクターを目指している方で、今までに解剖学、機能解剖学を学んだことのないという方やまたは習ったことはあるけど自信のない方のための講座です。
カラダの基本的な構造、動き(機能解剖学の基礎)を学んでいきます。
ヨガ解剖学に必要な要素、筋肉や関節の位置などを自分のカラダで体感することで覚えながら、カラダの「観察」のポイントをしります。「覚えること」に重点的に取り組みますので宿題やミニテストなどを行います。

【レベル1(10時間30分)】
レベル0での知識が前提となります。
インストラクター、またはインストラクターを目指している方基礎的な機能解剖学は学んでいる(覚えている)方でヨガにおいてどのように活かしていったらいいのかわからない、ポーズを機能解剖学的に学んでみたい、という方のための講座です。
ヨガのポーズを機能解剖学という点から考えます。筋肉の位置や働きを知っていても、ヨガのポーズにおいてそれがどの様にはたらいているかを理解するのは難しいもの。ポーズに入っていくためにはどのようなカラダの動きが必要なのか、関節や筋肉の動きと働きそのつながりを学んでいきます。
ヨガのスタイルを問わずポーズを通して考えていくことでクラスにおいての観察、応用方法を学んでいきます。

レベル0・1を全て修了し、最終テストをクリアした方には「TYG指導のためのヨガ解剖学 基礎コース」の修了証を発行いたします。

講師:桜井くみ(TYG解剖学担当)

10年以上の鍼灸・整体師経験や知識を活かし、マイソールクラスを中心にアシュタンガヨガクラスを担当。
インド・マイソールでの修行の際には多くのプラクティショナーに対して鍼灸のセッションを経験。ひとりひとりが自分の身体について知り、もっと興味を持ってもらえるよう「TOKYOYOGA解剖学」としてワークショップを開催している。
また、怪我に苦しむプラクティショナーへの治療やカウンセリングも行っている。
鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師・整体師・アロマセラピーインストラクター。

コース内容 詳細

レベル0(毎週火曜15:00-17:00 最終日のみ18:00終了)


日程・内容取り上げるアーサナ
16月8日(火)身体の基本的な仕組みと機能
特に関節の動きと筋肉の働き。
骨盤と脊柱の構造、動き。
動きに関わる筋肉。
(脊柱起立筋・腹筋群)
タダーサナ
(山のポーズ)
ダンダーサナ
(杖のポーズ)
26月15日(火)股関節、膝関節、足関節の構造と動き。
動きに関わる筋肉。
(大腿四頭筋・腓腹筋)
ウッタナーサナ
(立位の前屈)
バッタコナーサナ
(合蹠のポーズ)
36月22日(火)肩関節と肩甲骨、肘関節
手関節の構造と動き。
動きに関わる筋肉。
(僧帽筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋)
ヴィーラバドラーサナⅠⅡ
(英雄のポーズⅠ、Ⅱ)
46月29日(火)呼吸の仕組み。
呼吸と全身の動きのつながり。
(横隔膜・腹横筋)
アドームカシュヴァーサナ
(下向きの犬のポーズ)
パシュチモタナーサナ(前屈のポーズ)


レベル1(毎週火曜15:00-17:30 最終日のみ18:00終了)


日程・内容取り上げるアーサナ
17月6日(火)基本的な姿勢、立位、座位、膝位など観察、中心軸を見る
前屈時における骨盤、脊柱
下肢、上肢の運動、関わる筋肉
特に股関節〜脊柱
観察 → タダーサナ(山のポーズ)
ダンダーサナ(杖のポーズ)
パドマーサナ(蓮華座)
パシュチマタナーサナ(身体の後側を伸ばすポーズ)
プラサーリタパードッターナーサナ(立位の開脚前屈)
ウパヴィシュタコーナーサナ(座位の開脚のポーズ)
27月13日(火)後屈時における骨盤、脊柱
下肢、上肢の運動、関わる筋肉
特に脊柱〜肩関節
ブジャンガーサナ(コブラのポーズ)
ウシトラーサナ(ラクダのポーズ)
ヴィーラバドラーサナⅠ(英雄のポーズⅠ)
ダヌラーサナ(弓のポーズ)
37月20日(火) 逆転時における骨盤、脊柱
下肢、上肢の運動、関わる筋肉
特に肩関節
アドームカシュヴァーサナ(下向きの犬のポーズ)
サルヴァーンガーサナ(支えのある型立ちのポーズ)
ハラーサナ(鋤のポーズ)
プールヴォッタナーサナ(上向きの板のポーズ)
47月27日(火)側屈、回旋時における骨盤
脊柱、下肢、上肢の運動
関わる筋肉
総合的なカラダの動き
*最終テスト
パールシュヴァコーナーサナ(体側を伸ばすポーズ)
ウッティッタトリコーナーサナ(三角のポーズ)
パリヴリッタトリコーナーサナ(ねじった三角のポーズ)
マリーチアーサナ
(片膝を立てて後ろで手を組みねじるポーズ)

スケジュール / 費用・定員

定員:16名

スケジュール 事前店頭振込カード

レベル0

2010.06.08-06.28

25,000円
(25,000円)
25,000円
(25,000円)
26,250円
(26,250円)

レベル1

2010.07.06-07.27

32,000円
(32,000円)
32,000円
(32,000円)
33,600円
(33,600円)

レベル0&1

2010.06.08-06.28
2010.07.06-07.27

55,000円
(55,000円)
55,000円
(55,000円)
57,750円
(55,750円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

Practice渋谷

費用について

レベル0  25,000円(税込)
レベル1  32,000円(税込)
レベル0&1セット 55,000円(税込)
*レベル0と1を両方とも受講された方には修了証がつきます。

  • 銀行振込み
  • カード決済(5%の手数料を頂戴します)
    お申し込み画面でカードを選ぶとカード決済画面になります。
    カード決済画面では途中で戻ったり閉じると決済ができませんのでご注意ください。
  • ※事前店頭支払いを希望の場合は、「お問い合わせ」欄に「来店予定日」をご記入ください。