【RYT500認定】 仙台 chama「指導に役立つハタヨガ基礎コース」

  • その他
  • ヨガ

2017年3月4日(土)から8日(水)/6月15日(木)から19日(月)全10日間(5日間X2パート)*時間調整中


開催場所は仙台市内となります。
お問合せ・お申込の方に開催場所をお知らせいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YogaBody chama 
指導に役立つハタヨガ基礎コース 【動】/【静】


【動】2017年3月4日(土)から8日(水)5日間
【静】2017年6月15日(木)から19日(月)5日間

ヨガを続けていると、多くの情報や、様々なヨガのアプローチによってヨガに迷いが生まれてしまうことがあります。

chama先生による「YogaBodyハタヨガ基礎コース」では、ヨガの哲学と文化をベースとして、流派にこだわらず「身体」をベースとしてハタヨガの基本構造を学び、ヨガを行う上で必要な知識を身につけます。

【動】と【静】という2つのパートにわけ、
どちらも共通でハタヨガの基本・呼吸法・解剖学をベースとして、それぞれのアプローチを掘り下げていきます。

YogaBodyのコースでは一貫して、ボディワークの世界で標準的な「レクチャー」「ペアワーク」「プラクティス(実践)」という3つを柱に指導をします。
同時に、講師と受講生の質疑応答やディスカッション、受講生同士のフィードバックを通じて身体とヨガの学びを深めていきます。


本コースでは、ある程度身体をつかってヨガを実践してきた上で、解剖学のやり直しや疑問の解消等、目的意識を持って受講し、曖昧だった基礎を固めることを目指していただきたいと考えています。
そのため、ヨガインストラクターの方もしくは、一度ヨガを学ばれた方(ヨガアライアンス200時間修了程度)が対象となります。


ハタヨガ基礎コース[動]
2017年3月4日(土)から8日(水)

ーハタヨガの基本
 ーハタヨガとは
 ー動くヨガの発生と派生の歴史

ー呼吸法の基本
 ー呼吸のメカニズム
 ープラーナヤーマとは
 ー呼吸を最大にする
 ー呼吸を使う練習

ーハタヨガと解剖学
 ーヨガをする上で必要な基本の解剖学
 ー感じてわかる解剖学
 ー静的ヨガの解剖学(神経系)

ーハタヨガヨガプラクティスの原理
 ー運動としてのヨガ
 ーとどまることの重要性
 ー[アライメント]という意味
 ーアライメントの機能性

ー動的アサナプラクティス
 ーアシュタンガヨガをテーマに
 ーポーズの順番における解剖学

ー動きの中の安定
 ー身体の観察力について
 ー自分を安定にする
 ー筋運動を伴うニュートラル
 ー呼吸について(解剖学と実践)
 ー呼吸と動作の融合

ーティーチングの基礎
 ーアシュタンガヨガをテーマにした指導について
 ー動くヨガの観察方法
 ー呼吸の誘導

ーアジャストメント
 ーアジャストメントとは
 ーアジャストメントをする準備
 ー観察法
 ー触れる技術

----------------------------------------------------------

ハタヨガ基礎コース[静]
2017年6月15日(木)から19日(月)予定

ーハタヨガの基本
 ーハタヨガとは
 ー身体的見地からの流派のアプローチについて

ー呼吸法の基本
 ー呼吸のメカニズム
 ープラーナヤーマとは
 ー様々な呼吸法の実践

ーハタヨガと解剖学
 ーヨガをする上で必要な基本の解剖学
 ー感じてわかる解剖学
 ー静的ヨガの解剖学(神経系)
 
 
ー静的アサナプラクティス
 ーベーシックなハタヨガポーズ
 ーリストラティブヨガ


ー安定を作る
 ー解剖学的にリラックスとは
 ー静的ヨガでの受動的な安定
 ー様々なプロップスの使い方
 ー自然な姿勢をもたらすプロップスの使い方 

ーティーチング技術
 ーリストラティブヨガとは
 ーリストラティブヨガのポーズの組立方法
 ーリラックス体勢の施し方
 
ーアジャストメント
 ーアジャストメントとは
 ーアジャストメントをする準備
 ー観察法
 ー触れる技術

【受講対象者】
以下のいづれかに該当する方を対象とします。
1.ヨガアライアンス認定プログラム200時間を修了、もしくは同等のトレーニングを修了した方(スタジオは問いません)
2.現在、ヨガの指導を行っているインストラクターの方

【コースの進め方】
ボディワークを学ぶ講座でスタンダードな
レクチャー・ペアワーク・プラクティス(実践)という3つをベースとして学びます。
それと同時に、講師と受講生の質疑応答やディスカッション、
受講生同士のフィードバックを通じて身体とヨガの学びを深めていきます。

*当コースはTOKYOYOGA「YogaBody500」(RYT300認定)のコースの1つです。
TOKYOYOGAはRYT300(ヨガアライアンス300時間)の認定校です。
RYT200を修了した方は、TOKYOYOGAでRYT300の全プログラムを受講する事で
すでにお持ちのRYT200とRYT300の合算にてRYT500の申請をすることができます。

インストラクター紹介

chama/チャマ

TOKYOYOGAディレクター。
アシュタンガヨガの実践・指導を重ね機能解剖学に精通し、クラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。
また、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ、心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。
近年は「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。

YogaBodyコースについて

ヨガを行う目的は人それぞれです。
TOKYOYOGAではヨガは全ての人にオープンで、
身体の意識を高めるツールとして利用してもらいたいと考え様々なコースを開講しています。

「流派がこうだから」、「先生にこう言われたから」という外側からの教えにとらわれず、まず自身の身体の感覚や状態を観察し、実感することを最優先として学びます。
「身体」というリアルなものが学びの指針となるため、シンプルで確実な学びを身につけることがきます。受講後、情報に惑わされないヨガの練習や指導ができるようになることを目指します。
ボディワークを学ぶ講座でスタンダードな
レクチャー・ペアワーク・プラクティス(実践)という3つをベースとして学びます。
それと同時に、講師と受講生の質疑応答やディスカッション、
受講生同士のフィードバックを通じて身体とヨガの学びを深めていきます。

【TOKYOYOGAトレーニングコース一覧】

YogaBody RYT200認定コース
 基礎コース 5日間/3日間集中
 インストラクターコース 18日間

YogaBody RYT500認定コース
 chamaハタヨガ基礎コース [静][動]計10日間 80時間
 桜井くみ YogaBodyPRO 2017年開催 120時間

今後のYogaBody500(RYT500認定)プログラムのスケジュールについてはTYGへお問合せください。





コースをおすすめする方
・様々なアプローチの情報や知識を活かしきれない方
・流派にとらわれずヨガを体系的に学びたい方
・ヨガと身体を学びたい方
・解剖学が苦手なインストラクターの方
・生徒さんからの個別の質問に上手く答えられないインストラクターの方

場所

その他

費用について

 早期特別価格   
前・後半 全10日間 238,000円(税別)(257,040円(税込))
*別々に受講するより30,320円お得です。2/1までにご入金の場合となります。


ー定価ー 
前・後半 全10日間        
258,000円(税別)(278,640円(税込))

前半コース「動」(5日間)受講
133,000円(税別)(143,680円(税込))
*「静」は「動」をご受講の方のみ受講いただけます。

後半コース「静」(5日間)受講
133,000円(税別)(143,680円(税込))
*「静」は「動」をご受講の方のみ受講いただけます。

  • 銀行振込
    本日より5日以内に下記にご参加費用をお振込ください。
    (開催日5日前を過ぎてのお申し込みは至急お振り込み願います。)
    振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。
  • 事前店頭支払い
    「お問い合わせ」欄に「来店予定日」と「お支払希望のスタジオ(青山/渋谷)」をご記入ください。
  • ※事前申込みの場合でも支払を当日される場合は当日料金となります。