【渋谷】フランク・マウロ シークエンストレーニング2「ピークに向かって動く」 

  • Practice渋谷
  • ヨガ

2019年5月24日(金)25日(土)13:00-18:00


この講座は、すでにヨガの指導をしている方、
もしくは200時間程度の指導者トレーニングを受講した経験のある方のための講座です。

フランク・マウロシークエンストレーニング Part2「ピークに向かって動く」 

フランク・マウロ先生による短期間に質の高いティーチングスキルを学ぶことができる、先生のためのショートトレーニングです。

この講座はフランク・マウロ先生のシークエンストレーニングのパート2です。
パート1に参加していなくても問題なく参加できます。
(このWSは2017年10月開催されたピークポーズシークエンスWSとは異なった内容になります)

あなたは指導の際、「ピークポーズ」を設定していますか?
自分のヨガの練習でも漫然と同じシークエンス(流れ)を繰り返し練習していたり、
クラスでも構成のパターンが毎回似たような物になっていませんか?
それは、あなたの作るクラス構成が、どう効果があるのか、なにが安全なのか、はっきりとした確信がないまま作られているからかもしれません。

ピークポーズを設定することは、生徒さんの練習のレベルを高め、身体の可能性を生みだすことができるクラス作りのテクニックです。
この「ピークに向かって動く」では、生徒にとって楽しく、チャレンジングでありながら、安全で効果的なクラス作りの技術を学んでいきます。

ひとつの「ピーク」、もしくは「テーマ」ポーズに沿ってクラス作りをします。
ピークポーズシークエンス法は一般的でよくある方法ですが、この講座では、指導の質に圧倒的な差を生む、繊細な技術もまた同時に学んでいきます。



※当講座はTOKYOYOGA「YogaBodyヨガアライアンス500時間コース」に10時間がカウントされます。(全日程ご参加の場合)

前回受講された方のアンケートのご紹介





インストラクター紹介

フランク・マウロ

ニューヨークに生まれ、ニューヨークで育つ。幼少の頃より父親を通してヨガのアーサナに触れる。この頃、数えられないくらい多くのヨガの「練習」を父親と共にしたが、自身の探求というよりは父親との関係を深めるためのものであった。

1990年以降、ヨガと瞑想の実践に本格的に向き合い始める。自身のホームであるニューヨークは現代ヨガの首都といわれ、リチャード・フリーマンやジュディス・ラサターといった多くのすばらしいヨガ指導者が存在した。彼ら彼女らの元で学びを深めていくとともに、アメリカ中を旅し、さまざまな実践経験を得る。

1996年、ヨガを教え始める。2001年、当時高い評価を得ていたオームヨガセンター(ニューヨーク)で指導を始める。その後、2004年から惜しまれながらオームヨガセンターが閉鎖した2012年まで、指導者養成プログラムの講師メンバーの一員を務める。養成プログラムではプログラム全体にメイン講師、もしくは共同講師として携わり、数十の講座を教える。中でも彼が担当していた講座のひとつである「初心者の教え方」は、生徒より高い評価と人気を誇る。

2012年、オームヨガセンターで同じくシニア講師として活躍していたヨガ解剖学のジョー・ミラーやエドワード・ジョーンズといった他講師たちとNow Yoga(ニューヨーク)を立ち上げ、2013年よりNow Yoga独自の養成プログラムの指導を開始する。世界で一番のヨガスタジオ激戦区といわれるニューヨークシティでNow Yogaは多くの生徒から支持され、2018年秋、いよいよマンハッタンに待望の新スタジオをオープンすることが決定する。

同2013年、初めて日本に指導のため訪れる。以降、年に2度日本に訪れ、主にTOKYOYOGA、Under the lightヨガスクール(東京)やあづみのヨガスタジオポコ☆スタ(長野)の他、大阪、京都など様々な場所で指導を続ける。2014〜2015年には東京エリア最大のヨガ&ライフスタイルイベント「ORGANIC LIFE TOKYO」にてヴィンヤサヨガのクラスを担当する。

現在はニューヨークで自身のスタジオや養成プログラム、多くのプライベートクライアントにヨガを指導する傍ら、日本でも養成プログラム(あづみのヨガスタジオポコ☆スタ)のメイン講師を務める。彼自身がカリキュラムから作り上げ、さらにディレクターを担う全米ヨガアライアンスRYT200認定「Infinite Groundヨガ指導者養成プログラム」は常に進化し、国内でも有数のプログラムへと成長し続けている。

通訳

宮村 葉(みやむら よう)
2006年からアシュタンガヨガを学び始め、東京・横浜を中心にアシュタンガヨガ・ヴィンヤサヨガなどを指導するほか、ヨガ・ワークショップやティーチャー・トレーニングなどの通訳、ヨガ関連テキストなどの翻訳を行う。
TOKYOYOGAではこれまでにデヴィッド・スウェンソン、フランク・マウロ、ジョー・ミラーのワークショップ/トレーニングの通訳を担当。

スケジュール / 費用・定員

スケジュール 事前店頭振込カード

2日間 フランク・マウロ 「ピークに向かって動く」

2019年5月24日(金)25日(土)13:00-18:00

43,000円
(0円)
43,000円
(0円)
43,000円
(0円)

1日のみ フランク・マウロ 「ピークに向かって動く」
参加希望日を備考欄にご記入ください。

2019年5月24日(金)25日(土)13:00-18:00

23,000円
(0円)
23,000円
(0円)
23,000円
(0円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

Practice渋谷

費用について

1日のみのご参加も可能ですが、内容を把握するためにも2日間のご参加をおすすめします。

【早割】2日間 39,800円(税込) / 1日のみ 22,000円(税込)(4/24迄のお申込み)
【一般】2日間 43,000円(税込) /1日のみ 23,000円(税込)

※当日払いはプラス5,000円となります。

  • カード決済
    お申し込み入力後、最終ページにてカード支払いが可能です。

  • 銀行振込
    本日より5日以内に下記にご参加費用をお振込ください。
    (開催日5日前を過ぎてのお申し込みは至急お振り込み願います。)
    三井住友銀行 渋谷支店 普通口座 9098955
    (株)TYG
    (カ)ティーワイジー
    振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。

  • 事前店頭支払い
    「お問い合わせ」欄に「来店予定日」と「お支払希望のスタジオ(青山/渋谷)」をご記入ください。
  • ※事前申込みの場合でも支払を当日される場合は当日料金となります。