【オンライン】chamaアジャストメント講座[レクチャー編 実践編]

  • オンラインのみ
  • ヨガ
  • カラダ
  • RYT300可
  • オンラインのみ

2022年2月3日(木)、4日(金) 9:00-12:00/2月5日(土) 9:00-13:00


13年以上続いているTOKYOYOGAの人気講座「chamaアジャストメント講座」を遠くの方にも受講いただけるようにオンラインで開催します。
アジャストメントは、ヨガの練習をする人に手で触れることでポーズをサポートし、柔軟性や安定の方向性を誘導する技術です。

■chamaアジャストメント講座[レクチャー編] 2日間 全6時間 2月3日(木)、2月4日(金)9:00-12:00
コーシャなどのハタヨガの考え方と身体に携わる姿勢について学びます。
ヨガの経験とソマティックエクスペリエンシングなどのボディワークについての学びから
ヨガにおけるアジャストメントに必要な論理と知識をじっくり学びます。
RYT300の取得を目指す方は別途課題(所要時間2時間程度)があります。

■chamaアジャストメント講座[実践編]全4時間 2月5日(土)9:00-13:00
この講座は実際にアジャストメントを行う実践編です。
2名で参加する講座となります。
おふたりが交互にアジャストメントをするため同じ場所で御受講する必要があります。
参加者はお二人ともレクチャー編のご参加が必須となります。


アジャストメント(身体に触れることでのポーズの調整)は、ヨガの一つの指導法であり、多くの経験と知識を要する指導法です。この講座では「真のアジャストメント」の目的をあらためて考え学びます。

安易に生徒の身体に触れることは、生徒の練習を意図した方向と全く別の方向に向かわせてしまう危険もあります。生徒の練習に対する講師の “読み間違い“ や身体への無知が、生徒の感覚と可能性を狭めてしまうおそれもあるのです。

chamaは長年アジャストメントをヨガ指導に使ってきましたが、必ずしもヨガ指導にアジャストメントが必要であるとは考えていません。導き方は人それぞれであると考えるからです。
生徒それぞれの“ヨガ環境”を尊重し、ヨガとの継続的な関係を築く助けになる指導を学ぶことがヨガ指導の本来の目的であり、その一つのツールが「アジャストメント」だと考えています。

ヨガの指導をする際、カラダの構造や運動の原理を理解するために「機能解剖学」や「ボディワーク」からの知見が、自身をより安定化させます。
また、生徒からより深い情報を得るために「クラニオセイクラル」のアプローチや考え方が、そしてなによりも「ハタヨガの実践」が有益であると考えます。
そして、それらのエッセンスを「アジャストメントという技術」に集約したものが、本講座です。

本講座は、以下のような方におすすめします。
■ アジャストメントでのヨガ指導力を確実に身につけたい。
■ 論理だけではない実践的な機能解剖学知識を身につけたい。
■ 生徒の練習を“見る目”を養うことで、個々にあった指導をしたい。

どのような流派のハタヨガを指導している方にも役立ち、主体性と自信と思いやりをもって指導できるヨガティーチャーとなるための「土台」が学べる講座です。的確な指導能力を身につけることで、長期的に生徒と向き合える実力のあるヨガ講師を目指すことができるでしょう。

<受講に際して>
この講座の実践編では、ペアワークを通じて実践をしていきます。
常に、感じたこと、思ったことを受講生同士や講師に率直に話しをしてください。それが学びを深めるうえでもっとも役立つことなのです。なれない講座で戸惑うことや、初めて合うペアワークの相手に気を遣ってしまうことがあるかもしれません。短い時間の中で、確実に実力を身につけるためにもコミュニケーションを大切に、素直なフィードバックをすることを心がけましょう。
ペアワークでは相手の身体に触れます。お互いに身体を触れられることを考えて長い爪は短くそろえるなど、身体の清潔を心がけてください。
また、アジャストメントという特性上、人の身体に触れることや身体に触れられる事で、時に自分自身の精神性や今後の課題など通常の指導者向け講座より深く考えさせられることがあるかもしれません。それがこの講座の要素でもあります。
思ったことを書き留めて振り返ったり、質問をすることでこれからのヒントとなるかもしれません。

※講座終了後のご質問は受付けられませんので、ぜひご遠慮なく講座中に質問しましょう!


<参加資格>
これからアジャストメントを学びたいヨガ指導者


【RYT500の認定講座】
RYT500 (300)の認定講座です。
TOKYOYOGAでRYT500の取得を目指す方は、レクチャー編6時間/実践編4時間がカウントされます。
TOKYOYOGAのRYT500(300)のご案内はこちらから


【オンライン受講について】
zoomを使って行います。(パソコン、スマホ、タブレット等で受信可能です)
各家庭のネット環境によって受信の安定感が異なります。
できるだけ光回線のある環境で安定した受信することをおすすめします。
携帯電話の回線では速度が十分でないことがあります。

講座の数日前までにオンラインクラスのURLが送られてきます。
送られてくるメールにあるリンクから入ってください。
前日までにメールが来ない場合はTOKYOYOGAまでお問い合わせください。

インストラクター紹介

chama/チャマ

TOKYOYOGAディレクター。
アシュタンガヨガの実践・指導を重ね機能解剖学に精通し、クラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。
また、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ、心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。
近年は「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。

スケジュール / 費用・定員

スケジュール 振込カード

【早割】オンラインchamaアジャスト講座 レクチャー編

2022年2月3日(木)4日(金)9:00-12:00

21,900円
(0円)
21,900円
(0円)

【早割】オンラインchamaアジャストメント講座 実践編
ペアでの参加が必要です。レクチャー編の受講が必須となります。レクチャー編を受講した方とペアで御受講ください。料金はお一人の料金です。お申込の際に備考欄にペアの方の名前を書いてください。

2022年2月5日(土)9:00-13:00

9,900円
(0円)
9,900円
(0円)

オプション【修了証】
レクチャー編と実践編のお申込が必要です。修了証の発行は全ての日程の参加が必要です。

2022年2月3日(木)から5日(土)

1,500円
(0円)
1,500円
(0円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

オンラインのみ

費用について

レクチャー編のみの参加も可能です。

[レクチャー編] 
早割 21,900円(税込)・・・開催1ヶ月前までのお申込
一般 23,700円(税込)
直前 25,000円(税込)

[実践編]4名(2組)定員 
金額はお一人の価格となります。それぞれお申込の上、備考欄にペアの型のお名前を書いてください。
早割 9,900円(税込)・・・開催1ヶ月前までのお申込
一般 11,700円(税込)
直前 13,500円(税込)

[修了証]
レクチャー編と実践編の両方の日程を受講した方には修了証(PDF)を発行します。
修了証お申込後、参加しなかった場合でもご返金はありません。
1,500円(税込)


  • カード決済
    お申し込み入力後、最終ページにてカード支払いが可能です。

  • 銀行振込
    本日より5日以内に下記のいずれかの口座にご参加費用をお振込ください。
    (開催日5日前を過ぎてのお申し込みは至急お振り込み願います。)
    振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。

    三井住友銀行
    渋谷支店 普通口座 9098955
    (株)TYG
    カ)ティーワイジー

    楽天銀行
    第二営業支店(252) 普通口座 7608549
    株式会社 TYG TOKYOYOGA